日焼け止めは大きく分けて二つの種類がある!効果の違いとは?

日焼け止めは大きく分けて二つの種類がある!効果の違いとは?

大切な肌に大きなダメージを与える紫外線から肌を守るために、今や日焼け止めは欠かせない必須アイテムとなっています。

 

ほとんどの女性、また最近では多くの男性が日焼け止めを使用するようになっています。肌に直接つけるものであるため、そこに含まれている成分について十分に理解した上で安心して使うようにしたいものです。ここでは、あまり知られていない日焼け止めの成分について解説しています。

 

一言で日焼け止めと言っても、実は大きく分けて二つの種類があると言われています。それぞれの種類によって、含まれている主要な成分も異なります。効果の違いをご存知でしょうか?まず一つの種類として、紫外線吸収剤と呼ばれるものがあります。これは、その名が示す通り、紫外線をいったん肌の表面で吸収し、それを熱エネルギーに変換して放出させる働きをするものです。

 

その結果、紫外線が肌の内部に侵入するのを防ぐことができるというわけです。この紫外線吸収剤の主な成分としては、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、さらにオキシベンゾン-3といったものがあります。紫外線を防止する効果が高い反面、肌への負担も大きいため、中には身体用として使用するようにしているという人もいます。このように身体に使うにしても顔に使うにしても、いずれの場合も帰宅後はできるだけ早く、石鹸や専用のクレンジングなどを使ってきれいに落とすようにしましょう。そうすることによって、肌への負担を軽くすることができるでしょう。

 

もう一つの種類は、紫外線散乱剤と呼ばれるものです。これもその名の通り、紫外線を散乱、つまり反射させる働きを持ったものです。このように紫外線を反射させることによって、紫外線が肌の内部に侵入してこないようサポートすることになります。紫外線散乱剤として使われる主な成分としては、酸化亜鉛や二酸化チタンといったものがあります。

 

紫外線吸収剤と比較すると、肌に優しく負担が少ないため、顔用の日焼け止めとして使う人が多いと言われています。また、敏感肌の人でも安心して使うことができるとされています。商品の表示を見ると、紫外線散乱剤としてではなく、紫外線吸収剤不使用とか紫外線吸収剤フリーとなっているため、注意が必要です。これらの表示を見たら、それはその商品が紫外線散乱剤であることを示しています。この二つの種類のどちらにも、メリットやデメリットがありますから、自分の肌の状態や体質などに合わせて選んでみましょう。上手に使い分けることもできるでしょう。

 

上記の成分が日焼け止めに含まれている主なものとなりますが、これらの他にも、保湿や美白、メラニンの合成を抑える効果を持ったものなどが含まれています。しかし、安心して使える商品を選ぶ上で注意しておきたいのは、防腐剤が含まれていないものを選ぶようにするということです。防腐剤が含まれていると、肌荒れを起こすリスクが高くなるため注意しましょう。